講師紹介

04_takashisuguro

勝呂 崇史

すぐる通訳案内総合企画
通訳案内士(中国語)/ 国内・総合旅程管理主任 / 雑踏警備2級

3か月の言語的肉体改造!

講座名

語学学習基礎特訓

今ある語学力を仕事で武器にするための短期特訓コース

「ちょっと話せます」では武器になりません。営業マンとして、ビジネスマンとして周りに差をつけるために、今得意なその言語を、仕事で武器にできるレベルに引き上げませんか?もちろん、第二言語の習得は簡単なことではありません。しかしまた、不可能なことでもありません。言語学習についての考え方をまずは根本から変えて、使える言語力を習得するための基礎を、この3か月の講座で身に付けます。簡単に言えば言語的な肉体改造です。講座では、毎回必ず基礎の訓練を最低30分行います。初級から始めて、徐々にレベルを上げ、第二言語を使用するに足る肉体に変えていきます。同時に、第二言語を仕事で使うためのコツや、効率の良い勉強法、実際に会話するときのちょっとしたポイントなどをお話します。

踊る通訳案内士

少年時代に見た映画『少林寺』に触発されて、以後漢文や香港映画、中国音楽など中国の文化のとりこに。大学では中国語・中国文学科を専攻し、1992年から二年間中国遼寧省に留学、午前中は授業、午後からは様々な中国人の友人と交流して、更に中国に魅せらる。一方、帰国後は中国進出を目指して俳優となり、まずは日本文化を知ろうと伊勢戦国村というテーマパークの劇場で勤務。その後、結婚等を経て、俳優としての中国行きは諦めたものの、2005年からインバウンド旅行の添乗員を始め、2010年には中国語で国家資格・通訳案内士を取得。本格的に活動をして現在にいたる。小3から高3までは野球、大学時代はボート、そして中国武術や日本の殺陣など、スポーツ、武道に親しみ、その探求心や忍耐力は、仕事でも活かされている。現在は「踊る通訳案内士」として、俳優業も続けながら、日々中国語を駆使して日本を駆け回っている。

プロフィール

1989
金沢大学 文学部 文学科中国語中国文学専攻入学
1992
中国遼寧省 遼寧大学 語学留学(2年)
1995
金沢大学 文学部 文学科中国語中国文学専攻終了
1996
伊勢戦国村(株式会社ジャングル)にて専属俳優
1999
大阪府鳥プロ所属俳優として活動開始
2001
大阪市立大学 文学部 文学研究科修士課程修了
2005
国内・総合旅程管理主任 取得 インバウンド添乗開始
2010
中国語通訳案内士 取得
2015
個人事業主として登録
2019
俳優活動再開

主な保有資格

通訳案内士(中国語)
国内・総合旅程管理主任
雑踏警備2級
駐車監視員

このコミュニティに ぜひ参加ください

運営スタッフを随時募集しています。また、サポーターとしてコミュニティにご参加いただくことも歓迎しております。