講師紹介

11_bunpeiooike

大池 聞平

OEK特許事務所 / 弁理士

ニーズを聞き出し、新しいビジネスアイデア(知的財産)を生み出す。知的財産を営業の武器にして様々な局面で活用しましょう。

講座名

営業マンの引出しを増やすための知的財産講座

ビジネスのルールの1つ知的財産について知ろう

「知的財産」をわかりやすくすると、「頭で考えた、お金を生み出すアイデア」と言うことができ、新しいアイデアを取り入れた商品・サービスに利用されています。身近な存在で言うと、スマホから日用品まで便利な商品に「知的財産」は利用されています。
さて、皆さんは、会社に就職された後に、新商品・サービスをあつかう時がくるはずです。この時に、知的財産の簡単なルールを知っておくだけで、お客様とのコミュニケーション、社内のコミュニケーションに役立ちます。
また、知的財産・アイデアを生みだす流れは、「課題を解決する」という点で、アスリート・ビジネスマンと共通しています。本講座を通じて、「課題解決」を意識するために簡単なワークを行います。新しい知識の取得&頭の気分転換に受講してください。

<本講座の内容>
・知的財産とは何かの説明
・課題解決プロセスの体験
・営業マンに役立つ、知的財産の話
・起業したい人に役立つ、知的財産の話

荒海を泳ぐ弁理士としてビジネスのルールを教えます

弁理士は、発明やデザイン、商標(ブランド)といった「知的財産」に関する専門家です。私は、2015年に独立して大阪の堺で特許事務所を経営しています。現在に至るまでの話をすると、大学を卒業して大手の土木設計会社に入社し、防波堤の設計などを行っていました。ほとんどが国・役所からの公共事業の仕事です。国の借金が増え続ける状況を見て土木業界の将来は厳しいと予測し、30歳の時に、当時はブルーオーシャンだった知的財産業界に転職。しかし、知的財産業界は、弁理士数の増加と価格低下によりレッドオーシャン化しつつあり、現在は、仕事の一部が人工知能に代替されると言われています。逆に、もともといた土木業界は、予測が外れ好調です(笑)。厳しい荒海を泳ぐ弁理士であり、さらに4つの会社で働き、独立開業した経験を基に、知的財産だけでなく、会社に入って役立つ話をさせて頂きます。なお、スポーツについて言うと、中学・高校でバスケットボールをしており、現在はBリーグを応援中。野球やサッカー、ラグビーなど様々なスポーツを観ます。アスリートとして頑張ってこられた方々のお役に立てるように頑張ります!!

主な研修・セミナー・講演タイトル

特許・実用新案(基礎編)
「中小企業向けの新サービス“知財活動の評価”の開発と成果」
「利益率の高いビジネスの構築-マーケティングと知的財産-」のうち知財パート
知財ビジネス・知財塾<第1回・第3回>
知財学会 中小・中堅企業に対する「知財活動の評価」の実施と検証
ライセンス料率から見る知財価値の評価手法

プロフィール

1996
大阪大学工学部 卒業
1996
パシフィックコンサルタンツ(株)入社
2004
大阪市内の100名規模の事務所 入社
2009
神戸市内のベンチャー企業 入社
2012
大阪市内の50名規模の特許事務所 入社
2015
OEK特許事務所 開設

主な保有資格

弁理士

このコミュニティに ぜひ参加ください

運営スタッフを随時募集しています。また、サポーターとしてコミュニティにご参加いただくことも歓迎しております。